どうやって勉強するのがいい?心理学の学び方


インターネットに掲載されている情報から学ぶ

独学で心理学を学ぼうと考えているのであれば、インターネットを使ってみるのが良いでしょう。インターネットには心理学に関する情報が記されているので、自分の知りたい情報だけをピンポイントに調べられるというメリットがあります。例えば日本心理学会のホームページから情報を得るのも1つの方法です。日本心理学会のホームページには初心者向けのコンテンツが揃えられているので、心理学に触れたことのない人におすすめの勉強方法だと言えます。他にも心理学に関する論文を読んでみることや心理学に関するブログを読んでみるのも有効な勉強方法だと考えられます。

読書で心理学の知識を得よう

心理学に関する深い情報を仕入れたいと考えている場合は、読書が効果的だと考えられます。インターネットに記されている情報は初心者向けのものが多く、心理学に関する専門的な情報を仕入れにくいという問題があります。それに対して本では心理学に関する専門的な知識が記されていることが多いです。また本の場合は難易度があるのも魅力的なポイントだと言えます。初心者の場合は入門書を選べばよいですし、ある程度心理学の勉強をしている人は実践向けの著書を読めばよいでしょう。このように自分のレベルに合わせた勉強ができるのが、読書での勉強のメリットです。読書で心理学を学ぶ場合には、本を何冊も読むのが重要です。1冊では情報が偏っている可能性があるので、関連する著書を何冊か読むのが大切だと考えられます。購入費用が必要になるので、自分の予算を考えて本を選ぶのが良いでしょう。

心理学の大学は漠然と偏差値だけで決めてしまうと後悔する場合があります。自分の学びたい分野を明確にし、専門の教授や講師が在籍しているか、その分野のカリキュラムが充実しているかを確かめることが重要です。