中学受験や高校受験のために子供を塾に通わせる際に知っておきたいこと


大規模校と小規模校のどちらにするか

子供を通わせる塾を選ぶ際には、いくつかのポイントに留意する必要があります。いくつかあるポイントのうち、まず頭に入れておかなければならないのは、大規模校と小規模校のどちらを選ぶかという点です。大規模校の場合、長年の経験とノウハウに基づいて考え抜かれたカリキュラムに基づいて体系だった指導を受けられるというメリットがありますが、一方で、子供がそれに合わない場合には思うように学力が伸びないという可能性もあります。小規模校の場合には、子供一人ひとりに合わせて柔軟にカリキュラムを用意してもらいやすい環境にあるものの、玉石混交だけに、塾によっては十分な指導力が備わっていないケースがあります。このように、それぞれにメリットとデメリットが存在しますので、子供を塾に通わせる場合には、重視するポイントを明確にしたうえで、それに合うところを選ぶようにしましょう。

個人指導塾と集団指導塾のどちらにするか

個人指導塾と集団指導塾のどちらに通わせるべきかというのも、親にとっては頭の痛い問題ではないでしょうか。前者はマンツーマンで子供に合った指導が期待できる反面、月謝が高くなりがちです。後者は、他の生徒と緊張感をもって一緒に学べるという利点があるものの、一方で、他人と競争するのがあまり好きではないという子供にとっては、過度なストレスがかかるおそれがあります。いずれが優れているというわけではないため、子供の適性を見極めて、それに合う方を選ぶことが肝要です。

近年はインターネットを用いたオンライン環境による個別指導のスタイルを導入している学習塾が多く存在しています。